組合の紹介

組合の概要
協同組合岐阜県鍼師灸師マッサージ師会は、岐阜県内で、はり業・きゅう業及びあん摩マッサージ指圧業の事業所を有して、はり業、きゅう業、またはあん摩マッサージ指圧業を行う事業者(公益社団法人岐阜県鍼灸マッサージ師会又は社団法人岐阜県鍼灸師会の会員に限る。)が集まり、組織された団体であります。
本組合は、はり業・きゅう業及びあん摩マッサージ指圧業の三業界の発展と組合員の資質向上に努めておりますが、無免許者の参入や広告違反、医療保険制度の改革、介護保険の導入などにより、非常に厳しい情勢となっております。
こうした現状を乗り越え、新たな発展を目指すため、組合員が相互に協力し、助け合い、保険医療事務の共同処理などを行い、組合員の事業経済の充実強化、経営の近代化・合理化、経済的地位の向上を図るとともに、地域住民が健康で、安全、安心に暮らせる福祉社会に貢献できるよう、努力しております。

協同組合 岐阜県鍼師灸師マッサージ師会 協同組合 岐阜県鍼師灸師マッサージ師会
協同組合 岐阜県鍼師灸師マッサージ師会 協同組合 岐阜県鍼師灸師マッサージ師会
組合の名称 協同組合岐阜県鍼師灸師マッサージ師会
設立年月日 平成15年7月1日
組合員数 239名(平成29年3月31日現在)
組合員出資金 18,274,000円(平成29年3月31日現在)
役員の数 理事14名  監事 2名
組合の沿革
平成15年 4月 協同組合岐阜県鍼師灸師マッサージ師会設立総会開催。
平成15年 6月 協同組合岐阜県鍼師灸師マッサージ師会として岐阜県知事より認可。
(岐阜県指令医整第274号)
平成15年 7月 協同組合岐阜県鍼師灸師マッサージ師会設立。
平成15年 7月 岐阜県保険鍼灸マッサージ師会を解散し、保険事業部会として事務を引き継ぐ。(名称は「岐阜県保険鍼灸マッサージ師会」を継承)
平成15年 12月 医療保険の申請事務処理電算システム完了。
平成18年 2月 岐阜県鍼灸マッサージ会館落成式挙行。
平成18年 10月 保険事業部会(岐阜県保険鍼灸マッサージ師会)創立50周年式典挙行。
平成24年 4月 フォレスト情報(株)開発のレセソフト「鍼フォニー岐阜県版」を導入。

<参考> 岐阜県保険鍼灸マッサージ師会の沿革

昭和31年 11月 岐阜県保険課の指示により「岐阜県保険マッサージ師会」を設立し、保険取扱いを開始。
昭和33年 4月 鍼灸の保険取扱いが認められ、会の名称を「岐阜県保険鍼灸マッサージ師会」に改称。
昭和41年 11月 創立10周年記念式典を挙行。
昭和51年 11月 創立20周年記念式典を挙行。
昭和53年 11月 国保法施行40周年記念式典で岐阜県国保連合会理事長より感謝状授与
昭和54年 6月 患者往療時における駐車許可の承認を得た。
(岐阜県警察本部交通規制課)
昭和57年 6月 労災保険の取扱いについて、岐阜県労働基準局と協定書の締結。
昭和61年 7月 厚生省、日本医師会及び三団体 (全鍼、日鍼、日マ) との協議により、鍼灸の保険対象疾病が5疾病に規制。
(神経痛、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症)
昭和61年 11月 創立30周年記念式典を挙行。
平成8年 6月 鍼灸の保険対象疾病に「頚椎捻挫後遺症」が追加。
平成8年 10月 創立40周年記念式典を挙行。
平成9年 12月 医師から同意書交付があれば、「医師により適当な治療手段がないもの」として、療養費の支給対象となる。(保発第150号通知)
平成14年 6月 はり・きゅう施術の支給期間及び支給回数の制限撤廃。
平成17年 7月 協同組合岐阜県鍼師灸師マッサージ師会の設立に伴い、岐阜県保険鍼灸マッサージ師会を解散し、組合事業の保険事業部会に引き継ぎ、保険取扱い業務を開始。
組合の事業
1 共同購買事業 組合員の取り扱う治療用資材及び副資材の斡旋。
2 医療保険共同事業 組合員の医療保険申請事務の代行、指導及び連絡調整。
3 教育指導事業 組合員の経営及び技術改善の向上、組合事業の知識の普及を図るための教育及び情報の提供。
4 団体協約の締結 組合員の経済的地位の改善を図るための団体契約の締結。
5 福利厚生事業 組合員の福利厚生に関する事業。

事業の紹介

医療保険申請事務の代行
1 療養費支給申請書の審査
組合員が施術した、医療保険(協会けんぽ、健康保険組合、共済組合、国民健康保険及び後期高齢者医療保険)療養費支給申請書、生保及び労災保険の申請書について、毎月5日に審査委員会を開催し、内容の点検(不備、誤り、記載漏れ)や計数整理などを行い、審査決定をします。
(事前に内容審査を行い不備を修正するため、保険者の信頼度は高くなっております)
2 療養費支給申請書の提出
審査決定した療養費申請書を保険者(協会けんぽ、健康保険組合、共済組合、国民健康保険及び後期高齢者医療保険)別に仕分けし、毎月10日までに提出します。
審査会風景
3 施術機関の届出
国保連合会、生保指定機関及び労災保険指名施術所など関係機関に対し、申請、更新、移動及び廃止の手続きを行います
4 会長一括委任払い
共済組合などの会長一括委任払いを行います。
5 療養費申請事務用のCDの提供
申請書、集計表、施術録など申請事務処理に対するパソコンソフト(鍼フォニー岐阜県版)を提供し、事務処理の省力化、適正化を図ります。
6 療養費申請関係諸用紙の販売
同意書、施術録、手書用申請書、手書用集計表、手書用総括表、同意書封入専用封筒などの各種用紙を共同販売します。
7 その他
保険申請の疑義、質問又は不支給決定などに対し助言及び折衝を行います。
教育指導事業
1 GAM生涯教育研修事業
治療技術の改善向上と普及を図り、地域の皆さんが、安心して治療が受けられるよう、信頼される組合員を目指した研修を開催します。(日程及び会場等は、お知らせをご覧ください。)
講習会風景
2 経営・接客講習会
税理士、経営者及び接客等を講師に招き、経営意識の高揚、患者への接客方法を学び、経営の近代化、合理化を図り、組合員の経済的地の向上を目指した講習会を開催します。
3 医療保険申請事務講習会
保険申請事務の勉強会、講習会を定例的に開催し、適正化を図ります。
4 情報提供
組合員に関係機関からの各種情報を、的確かつ迅速に提供します。
訪問マッサージ、はり・きゅう治療の支援事業
修了証書 マヒがあったり、痛みが強くて治療に通うことが困難な方で、在宅だけではなく、特別養護老人ホーム等に入所している方でも、医師の同意があれば、医療保険でマッサージ、はり・きゅうの訪問治療ができます。
マッサージ、はり・きゅう治療は、新陳代謝を図り、疼痛の緩和、関節拘縮やマヒの改善などにより、寝たきり防止、寝たきりの方の床ずれ予防やADL(日常生活動作)、IADL(手段的日常生活動作)等の向上を促します。
組合では、講習会を開催し、訪問マッサージの基本倫理、テクニック倫理等を履修した、はり・きゅう、マッサージ師を養成、受講者には「修了証書」を授与して、優秀な訪問マッサージ、はり・きゅう師を紹介しております。
訪問マッサージ、はり・きゅう治療のご希望やその他詳細のついてのお問い合わせは、組合へお尋ねください。
福利厚生事業
組合員の福利厚生事業の一環として、保険会社との団体協定の締結により、各種保険を格安で紹介しております。
保険の種類は、所得補償保険、自動車損害賠償保険、その他火災保険やがん保険などもあります。詳しい内容は、下記へお尋ねください。

東京海上日動火災保険株式会社 代理店 【愛岐保険】
岐阜県多治見市新町1-60 TEL 0572-56-6633 FAX 0572-56-6668

役員名簿

協同組合役員
  理事長 山田敏治
副理事長 山田敏雄、森章
専務理事 伊藤孝男
常務理事 富成勝、高橋昌司
理事 伊藤光洋、竹下正二、塚本弘人
       森瀬和宏、藤吉徳孝、大島千登勢、古畑幸久、平田真宏、松尾将典
監事 薫田勝、舟戸万喜
協同組合委員会(正副委員長)
  総務財政委員会  委員長 森章、 副委員長 大島千登勢
保険事業部会(岐阜県保険鍼灸マッサージ師会) 会長 山田敏治
 副会長 伊藤孝男、森章
教育情報委員会  委員長 富成 勝  副委員長 竹下正二
広報委員会  委員長 伊藤孝男  副委員長 高橋昌司
福利厚生委員会  委員長 伊藤光洋  副委員長 藤吉徳孝
岐阜県保険鍼灸マッサージ師会ブロック長
  岐阜北 高橋昌司、  岐阜南 大島千登勢、  西濃 伊藤光洋、  中濃 塚本弘人、 東濃 古畑幸久、  飛騨 森瀬和宏

組合の組織

組織図
協同組合 岐阜県鍼師灸師マッサージ師会 協同組合
岐阜県鍼師灸師マッサージ師会 TEL
058-265-2830
住所

岐阜県岐阜市
末広町78番地4(地図

QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード